2002年5月28日 礼文島 8時間コース

礼文島 8時間コース

2002年5月28日に礼文島を歩いた記録です。

過去レポをWordpressに投稿です。


日  程  2002年 5月28日 曇り

場  所  礼文島

行  程  北海道 スコトン岬(7:35)-ゴロタ山-澄海岬-宇遠内-香深井(15:00)

行動時間  7時間25分(地図上のCT 7時間25分)

装  備  一般装備


ログは手入力です。

いよいよ礼文島ハイキングの始まりです!この日は8時間コースを歩きました。

天気は曇、強風注意報が出ていました。

朝5:30に朝食、『花心』さんに昼食のおにぎりを作って頂き、6:20頃、スコトン岬行きのバスに乗車。

天候のためか、時期が早いのか、バスは病院へ行く5~6人と私たちだけ。

バスは海岸沿いを・・・利尻島が見えたら・・・最高なのに・・・

ゆっくりとスタート地点のスコトン岬を目指します。

7:18にスコトン岬に到着。トイレ、売店があります。

7:20 曇り空ながらトド島もくっきり見えて、おもわず『最高!』の一言。

強風の中、スコトン岬からの眺めを堪能して、いよいよ出発・・・

その前にトイレと土産屋を見てからね。

7:35 いよいよスタート!

始めは須古頓の集落までバス通りを戻ります。

7:45 右の案内にはコースの簡単な説明が書いてあります。

標識が出たら細い車道へ右折、上り坂の始まりです。

この道にもお花は咲いていました。

しばらくすると分岐となります。

右は鮑古丹の海岸へ、左は展望のきくトド島展望コースです。

いずれのコースでもゴロタ山(岬)の登り口で合流します。

7:50 鮑古丹の海岸から目指すゴロタ山(岬)を見る。

8:05 合流地点付近の案内板です。

いろいろな形の案内板が随所に整備されています。

合流地点から、ひたすら登りです。

道は狭く凹状の所があるので歩きにくい所があります。

でも安易に草地には入らないように!

8:20 ゴロタ岬に到着。曇ながらも眺めは最高!ここで少し休憩!

スタート地点のスコトン岬。

これから向かう鉄府方面。

8:25 ゴロタ岬から鉄府の集落まで軽快な丘歩き。

今年は例年より2週間位花期が早いそうです。

エゾゼンテイカ(ニッコウキスゲ)もちらほら咲いていました。

8:35 この階段を降りると鉄府まで海岸沿いを歩きます。

途中、砂浜で穴あき貝を探すことも出来ます。

9:00 鉄府の集落ではジュースの自動販売機、トイレもあります。

この近くに階段があります。

8時間コースは道路を直進ですが、アツモリソウ群生地へは階段を登ります。

アツモリソウ群生地へは、これより10分くらいです。

途中、浜中-西上泊の道に合流します

9:10 アツモリソウ群生地は柵に囲まれ、厳重に管理されています。

散策路は開花時期の9時~17時以外は入れません。

開花時期なら是非訪ねて見てください。

アツモリソウに茶色の斑点があるのは潮風によるものだそうです。

見学後、西上泊へ直行することも出来ます。

8時間コースを完歩する人は鉄府に戻りましょう。

9:40 鉄府のトイレ前からゴロタ岬を望む。ここから西上泊へは山越えです。

きつい登りもありますが、花と風景を見ると苦になりません・・・

西上泊の集落が見えたらもう少し!赤い小さな鳥居をくぐり車道を通り澄海岬へ。

西上泊の集落には、売店、トイレ、自動販売機があります。

ドコモの携帯はOKですが、Jホーンは×です。

宿泊先によっては、ここで定時連絡を入れます。

10:05 澄海岬は是非とも訪れてください。

晴れていれば、すばらしい海の色が見られます。


ここにもいろいろな花が咲いています。

観光客の雑踏の中、足元の小さい花に目を向けてみてはいかがですか?

スコトン岬からスタートして、ここから浜中へ車道を歩いて行くと4時間コースです。

体力的に自信の無い人、ここまでのコースで怪我をした人、時間のかかった人はこの先は無理です。素直にあきらめましょう!

西上泊を出発。

集落を抜けるのに少し戸惑うかも知れません。

コースは集落の中から分岐しています。

10:40 小さな畑やササ原の間を登りが続きます。


登りきると車の通れる幅の砂利道に出ます。

この道を進むのですが、見ての通り登りがずーっと続いています。

先の見える道は・・・つらい・・・です・・・でも道端には小さな花が咲いていますよ。

この道はしばらく続きます。休憩に適した場所は殆どありません。

10:50 振り返ると澄海岬、その先にはゴロタ岬。

召国分岐(左へ進む)を過ぎると「召国のお花畑」です。

斜面にはいろいろな花が咲いています。

ハクサンチドリ、ミヤマオダマキ、イワベンケイ、ネムロシオガマ等。

ここの写真が無いのは、単調な道と強風の為、歩を早めてしまったからです。

11:15 ハイマツが現れるとササ原も終わりに近づきます。

林の中を進むと地味ですが、今までとは少し違う花に出会います。

また、気分もリフレッシュされますね。

アップ・ダウンを繰り返す道を・・・

沢の音を聞き・・・

鳥のさえずりを聞き・・・

足元の花に注意し・・・

壮大な展望を眺め・・・

快適に歩いていきましょう。

おなかの虫が鳴り始めて集中力が無くなってきた頃、展望のきく、はげ山みたいな広場があります。

12:15 昼食をとるには絶好の場所です

ここにも花が咲いてますので、足元に注意!

おなかが満足したらアナマ岩に向けて出発です。

13:10 しばらく花と展望を楽しみながら歩いていくと急斜面の「砂滑り」に出ます。

階段と手すり用のロープがあるのでゆっくり降りましょう。

でも足元には花が・・・

13:20 降り立った所で目にする岩がアナマ岩です。

ここから宇遠内まで海岸歩きです。

足元には十分注意して進んでいきます。

また波の高い時は通行出来ないかも・・・


海岸で見つけた花・・・

13:45 宇遠内までもう少しの所で振り返る・・・

宇遠内には売店(時期により休み)、公衆電話があります。携帯は使えませんでした。

宿によってはここで連絡をすると香深井や香深に迎えに来てくれます。

疲れた体を少し休ませましょう。疲れると写真も少なくなりますね・・・(^^ゞ

そして最後の試練。礼文林道に向けてスタートです。

宇遠内山道の工事によりお花畑が荒れてしまったようです。

それでも花を楽しみながら歩けます。

きつい登りも少しは楽になるはずです・・・?

14:25

しばらく林の中をあるくと礼文林道に出ます。

礼文林道からウスユキソウ群生地を経由して香深まで約2時間。

香深井までは約20分です。

あなたも8時間コースを是非歩いてみては?

きっとたくさんの花と出会えますよ。

それに言葉では表せない充実感があります。

次回はもっとたくさんの花と風景を楽しみたいです。